仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年07月09日

NO963・・・水中伝法

 私達日本グループの10人はカレスワールスワミとアメリカのDrクリントンと一緒に世界遺産であるインドのハンピにいた。ハンピは歴史もあり、インドにしては水が綺麗な川が流れており、世界中から多くの観光客も訪れる田舎町である。この河原の大きな石の上でスワミを囲むように10人が座りDrクリントンに執刀によりスワミの内ももから肉片が次々に切り取られ一人一人に渡される。

 肉片の大きさは大豆粒くらいで、ピンセットでつまみ上げられ切り落とされる。その肉片を右手に持ち、スワミを中心に、手と手が触れない距離を保ち、何度も水の中に頭が出ないようにもぐり、水のエネルギーをコントロールできる法を授かる。この時スワミはマントラを唱え、川の水にバイブレーシンを起こし、ある種の信号を一人一人の魂に送り込み、新たな回路を開く。

 このハンピには、ジーザスケーブと言う洞窟があり、不思議な事に石の遺跡であるハンピで石窟でなく土の洞窟であった。当然私達とスワミはこの洞窟に入り、瞑想を行い。その後マザーダルシャンを授かった。私達以外に誰もいない洞窟の中に女性の身体を持った神が現れる不思議な儀式であった。

 この洞窟は、地のエネルギーが強いのであろう。瞑想を行うにつれて信号のような目に見えないエネルギーにより身体は反応を始める。・・・・・・この話が本質ではないのでこれくらいにして置き、問題は何故ジーザスはインドに来る必要があったかである。

 ハンピだけでなくヒマラヤや各地も巡っている。サンスクリット語は神の言葉と言われており、インドにはサンスクリット語を教える学校も数多く作らており、脈々と継承されている。ここから推定できるであろうが、陰と陽の陽の言語を求めてジーザスはインドで修行を行い、サンスクリットのマントラを入手されたのであります。

 陰は陽を支える。もう一つの生命体が存在する惑星が陰で陽である地球を支えている。陰で目に見えない死後の世界が虚像である私達生あるものを支えている。そしてそのバランスは50:50の比率に置いて均衡が保たれている。この均衡は考え方や食べ物に置いてバランスは変わる。

 貴方が常にマイナスの言葉を吐けば、あの世のもう一つの惑星のマイナスのエネルギーと共鳴する。ブラックのマントラを唱え続ければ、マイナスのエネルギーと共鳴する。死肉を食べれば50:50で均衡を保っているマイナスのエネルギーが強くなる。このサンスクリットで書かれたマントラが最強であるからジーザスは陽であるインドを求めたと考えるべきであろう。

続きは・・・癒しの森湯布院ブログ

PageTop