仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年06月13日

NO925・・・生命の玉体験談

埼玉県の「水野氣功療法院」の水野先生を通して頂きました。

「お譲りいただいた玉とクリームの効果ですが、玉を握ると温かく、心地よい気分になること、眼精疲労に効果があるように感じます。
私の場合は、効果をよりよく感じたいために、まずはスティック(エンジェルスティック)で邪気を取り除いてから行うように心掛けています。
ただ、クリームが黒く残ってしまうために、使用後に入浴をしなければならず、とてももったいなく感じています。
休日どこにも出かけないときには1日中塗っておきたいクリームです。」

※仙人補足
 クリームの色が黒いのが最大の欠点なのですが、この色はテラヘルツと微生物伝達物質の色で、台湾北投石との効能を高め細胞の振動を増すために欠かすことが出来ません。将来何とか改善したいと思っていますが、今は御免なさいです。

もう一点私が相談を受けた回答です。
Q:心臓が1/3しか機能してなく、移植しか治す方法が無い人にはどのように使えば良いでしょうか?

A:お世話になります。難病や癌の方など医者に見放された方々の一部の人が秋田県の玉川温泉に行くそうです。先ずは玉川温泉を調べて放射線やラドンの効能を理解することが大事だと思います。主な効能と言いますか目的は、傷ついた遺伝子情報を修復して自分の力で元に戻すことなのです。玉川温泉のラジウムの線量は
6μシーベルトと言われており、岩盤浴を6時間行って13μシーベルトと言われています。ですので、最低6時間くらい毎日岩盤浴をするそうです。(岩盤浴は全身ですが、玉は局所だけの違いを考える必要もあると思っています。)

続きは「癒しの森湯布院ブログ

PageTop