仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2018年09月14日

原因不明の病気

病院の検査で原因が分からないと言われる人は結構います。検査はあくまでも、血液やリンパ液や尿などで判断する分けですから、生体エネルギーである氣の欠乏は出ません。ゆえに、多くの人がやる気が出なく、何もできず、周りからは仮病の怠け者と烙印を押される事になり、益々落ち込んで行きます。当然本人にも原因がわかりませんので、悲観的になり、社会から逃避する事になり、ひどい時は自殺も考える様になります。


登校拒否・出社拒否・うつ病・自殺願望
検査に異常が見つからないと、大概の場合精神科に回され、精神科の薬が処方されます。当然、精神安定剤が処方されるのですが、これが輪をかけて悪化する原因となります。全身の氣が少なくなると、一番に倦怠感が現れるのですが、何故でしょうか?病気を治すには、原因を突き止めなければなりません。この原因を見つけるのに、現代医学

の検査では見つからないのが、精神の病の原因である氣が関連している病気なのです。この社会の仕組みは、強いエネルギーは弱い方向に流れると言う、大原則の中で成り立っています。ですから、日常生活において、気のやさしい、弱い性格の人は、強い人にエネルギーを吸い取られます。会話の中や目を合わせただけでも吸い取られます。弱い人は、常に強い人に抑えられ、自分の意見や考えが受け入れられず、常にうっぷんが溜まり発散できませんので、それを発散させるために、自分より弱いものに向かって吐き出そうとします。それが動物への虐待であったり、奥様や子供に向かって行き、それを長期的に受けた奥様や子供もおかしくなります。まさにドミノ倒しであり、負の連鎖が始まるのです。

悲惨・一家離散・常に一家は喧嘩で酒に逃げる
こうなりますと、最悪の方向に進むだけで、子供は登校拒否症候群になり、奥様はキッチンドリンカーや大量買いや大食いで癒そうとするのですが、食べたい物は甘い物が中心になります。毎日のストレスと恐怖において、脳のキャパは極限を超えますと、脳はブドウ糖において補おうとしますので、甘い物を要求するようになるからです。そして、この甘い物は悪魔の誘惑ですから、世の中や病院では否定する悪霊が入りやすい環境となるのです。k王なりますと、全身検体から、脳の病氣へと移行するのです。甘い物は酸性物質といわれ、情緒に問題を起します。また成人病を誘発する危険な食べ物なのです。そしてなにより、腸内細菌の悪玉菌が喜ぶ食べ物ですから、便秘になり、そこで発生したガスが頭に上ると精神的疾患が発症するのです。精神的疾患が発症すると脳内の血液は酸素不足の状態になり、常に頭痛が起こるようになります。
パニック
そうすると、慢性の不眠になり睡眠誘発剤のお世話になります。この薬はあくまでも強制的に睡眠を誘うものですから、心身の疲れは取れません。のでイライラが酷くなり、キレル現象が発生するのです。これらは頭の前側にある前頭葉の働きを止めますので、正常な判断が出来なくなるのです。ここまで来たら大変ですので、腸内細菌が悪玉菌で一杯になる前の段階で食い止めなければなりません。病気を治すのも、この段階までに戻す事を最優先にしなければなりません。

これを解決する方法が今までは、なかったのですが、MRE輝源が開発され可能となりましたので。これを飲みながら、黒い便を大量に出せば元の状態まで戻す事は、可能でしょう。それに出来れば漢方薬を併用すると治りは、もっと良くなります。

解決法
そもそも、ここまでになる前に、解決しなければならなっかのですから、治すまでには時間もお金もかかります。最初に全身の倦怠感が現れ、病院の検査で原因不明と言われた時に、精神科に走らず氣を増や漢方薬の救心感応丸を服用すべきでした。病名はないですが、このような症状は、気欠乏症なのです。 そして、今の状態は、貴方の頭の中に住む、善人と悪魔の戦いが始まっているのです。
精神と肉体が正常な時には、悪魔は影を潜めていますが、善人がストレスなどで弱くなりますと、悪魔が表に出て来ます。ですから悟った人というのは、この悪魔が頭の中にいない人ですから、人間である以上多かれ少なかれ誰にもいます。これを常に表に出ない様に重い重しで蓋をしているのが、普通の人ですが、ストレスと引き金で、貴方の善人が弱りましたので、悪魔を大便から外に出し,善人と呼ばれる菌を増やし、常に悪魔を抑え込めば良いのです。
明るい家族
と、簡単にいっても、すでに周りの人からは冷たい視線をを送られ、どうして良いか分からない心神喪失の甘いになっていますので、頭の中がモヤモヤで一杯で正常な思考が出来ない方は。脳活性という漢方薬を服用して前頭葉に氣を送って下さい。はっきり言って申し訳ないのですが、高いですが方法はこれしかありません。この病気は、余り

知られていませんが、結構気功師や整体師や施設や精神科で働く人にも多い病気です。強い人は弱い人のエネルギーを引き寄せるからです。これは良いエネルギーも悪いエネルギーも引き寄せますから、気の病気の方は、子供からエネルギーを奪いますので、子供をじ〜ちゃん、ば〜ちゃんに面倒をン見させたは行けません。反対に陽気で一杯のエネルギーを吸収するには、毎日幼稚園の子供たちが遊んでいる場所に行けば良い事になります。これが、この世を形成しているエネルギーの法病院の検査で原因が分からないと言われる人は結構います。検査はあくまでも、血液やリンパ液や尿などで判断する分けですから、生体エネルギーである氣の欠乏は出ません。ゆえに、多くの人がやる気が出なく、何もできず、周りからは仮病の怠け者と烙印を押される事になり、益々落ち込んで行きます。当然本人にも原因がわかりませんので、悲観的になり、社会から逃避する事になり、ひどい時は自殺も考える様になります。


登校拒否・出社拒否・うつ病・自殺願望
検査に異常が見つからないと、大概の場合精神科に回され、精神科の薬が処方されます。当然、精神安定剤が処方されるのですが、これが輪をかけて悪化する原因となります。全身の氣が少なくなると、一番に倦怠感が現れるのですが、何故でしょうか?病気を治すには、原因を突き止めなければなりません。この原因を見つけるのに、現代医学

の検査では見つからないのが、精神の病の原因である氣が関連している病気なのです。この社会の仕組みは、強いエネルギーは弱い方向に流れると言う、大原則の中で成り立っています。ですから、日常生活において、気のやさしい、弱い性格の人は、強い人にエネルギーを吸い取られます。会話の中や目を合わせただけでも吸い取られます。弱い人は、常に強い人に抑えられ、自分の意見や考えが受け入れられず、常にうっぷんが溜まり発散できませんので、それを発散させるために、自分より弱いものに向かって吐き出そうとします。それが動物への虐待であったり、奥様や子供に向かって行き、それを長期的に受けた奥様や子供もおかしくなります。まさにドミノ倒しであり、負の連鎖が始まるのです。

悲惨・一家離散・常に一家は喧嘩で酒に逃げる
こうなりますと、最悪の方向に進むだけで、子供は登校拒否症候群になり、奥様はキッチンドリンカーや大量買いや大食いで癒そうとするのですが、食べたい物は甘い物が中心になります。毎日のストレスと恐怖において、脳のキャパは極限を超えますと、脳はブドウ糖において補おうとしますので、甘い物を要求するようになるからです。そして、この甘い物は悪魔の誘惑ですから、世の中や病院では否定する悪霊が入りやすい環境となるのです。k王なりますと、全身検体から、脳の病氣へと移行するのです。甘い物は酸性物質といわれ、情緒に問題を起します。また成人病を誘発する危険な食べ物なのです。そしてなにより、腸内細菌の悪玉菌が喜ぶ食べ物ですから、便秘になり、そこで発生したガスが頭に上ると精神的疾患が発症するのです。精神的疾患が発症すると脳内の血液は酸素不足の状態になり、常に頭痛が起こるようになります。
パニック
そうすると、慢性の不眠になり睡眠誘発剤のお世話になります。この薬はあくまでも強制的に睡眠を誘うものですから、心身の疲れは取れません。のでイライラが酷くなり、キレル現象が発生するのです。これらは頭の前側にある前頭葉の働きを止めますので、正常な判断が出来なくなるのです。ここまで来たら大変ですので、腸内細菌が悪玉菌で一杯になる前の段階で食い止めなければなりません。病気を治すのも、この段階までに戻す事を最優先にしなければなりません。

これを解決する方法が今までは、なかったのですが、MRE輝源が開発され可能となりましたので。これを飲みながら、黒い便を大量に出せば元の状態まで戻す事は、可能でしょう。それに出来れば漢方薬を併用すると治りは、もっと良くなります。

解決法
そもそも、ここまでになる前に、解決しなければならなっかのですから、治すまでには時間もお金もかかります。最初に全身の倦怠感が現れ、病院の検査で原因不明と言われた時に、精神科に走らず氣を増や漢方薬の救心感応丸を服用すべきでした。病名はないですが、このような症状は、気欠乏症なのです。 そして、今の状態は、貴方の頭の中に住む、善人と悪魔の戦いが始まっているのです。
精神と肉体が正常な時には、悪魔は影を潜めていますが、善人がストレスなどで弱くなりますと、悪魔が表に出て来ます。ですから悟った人というのは、この悪魔が頭の中にいない人ですから、人間である以上多かれ少なかれ誰にもいます。これを常に表に出ない様に重い重しで蓋をしているのが、普通の人ですが、ストレスと引き金で、貴方の善人が弱りましたので、悪魔を大便から外に出し,善人と呼ばれる菌を増やし、常に悪魔を抑え込めば良いのです。
明るい家族
と、簡単にいっても、すでに周りの人からは冷たい視線をを送られ、どうして良いか分からない心神喪失の甘いになっていますので、頭の中がモヤモヤで一杯で正常な思考が出来ない方は。脳活性という漢方薬を服用して前頭葉に氣を送って下さい。はっきり言って申し訳ないのですが、高いですが方法はこれしかありません。この病気は、余り

知られていませんが、結構気功師や整体師や施設や精神科で働く人にも多い病気です。強い人は弱い人のエネルギーを引き寄せるからです。これは良いエネルギーも悪いエネルギーも引き寄せますから、気の病気の方は、子供からエネルギーを奪いますので、子供をじ〜ちゃん、ば〜ちゃんに面倒をン見させたは行けません。反対に陽気で一杯のエネルギーを吸収するには、毎日幼稚園の子供たちが遊んでいる場所に行けば良い事になります。これが、この世を形成しているエネルギーの法則なのです。
則なのです。

PageTop