仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年05月02日 [Default]

NO900・生命と光と信号

光には、見える光と見えない光がある。見える光の代表は太陽であり、名前かもわかるように陽の性質を持っている。陽すなわち熱であり、陽は表面を補う性質である。光の中に遠赤外線が特に熱を発するのであるが、内臓まで温める事は出来ない。

 太陽の反対に月がある。太陽が陽なら、月は陰である。なら冷えの性質と言う事になる。ゆえに月が出る夜は冷えのエネルギーが強いので布団にくるまって寝るのが自然との調和することになる。月には満月と新月がある。満月は放出であり、新月は吸収である。

 太陽も放出と言う事になる。ゆえに日中は体内の邪気が出やすいように軽い運動をするとよい。土からも邪気が放出されているので、陽の時間帯に苗や種を植えても発芽や根付きが悪いことになるので夕方に行うべきである。これを知るかどうかで収穫は変わってくる。特に新月の夕方が最高の時期と言う事になる。

 月は陰であるが表裏の関係で考えると裏(り)であるから内臓を差し内臓にエネルギーを送る。そして月から発する光は海の底まで到達するという。この月のエネルギーと繋がるには、テラヘルツの信号とケイ素が必要である。

 どうしてわかるかと言えば、自然や古の賢人が後の世の人々に自然の仕組みを残した童話を読み解けばわかる。牛黄を最初に見つけたのは、まだ自然が破壊されていないアフリカの原住民である。夜になると牛の肝臓がある場所から光が出ているのを見つけた。今の人には見えないが昔の自然の中に生きていた人には見えた。

 
 また、隕石から出ている光が夜になると見えると言う。そして竹にも光を発する竹があると言う。その光は新月にしか見えないと言う。ゆえに光の正体は、宇宙から送られていると言う事になる。そして信号で繋がっていると言う事が考えられる。

続きは、癒しの森湯布院ブログ

PageTop