仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年03月07日

病気の原因(七孔)

五臓の状態は、顔にある七つの孔(あな)の状態によって知ることが出来る。

■肺の気は鼻に通じている。肺の氣が正常であれば香臭が良くわかる。(麝香)
■心臓の気は舌に通じている。心の気が正常であれば味が良く区別できる。(牛黄)
■肝の気は目に通じている。肝気が正常であれば視力がよい。(牛黄)
■脾の気は口に通じている。脾気が正常であれば食欲がある。(紅参)
■腎の気は耳に通じている。腎氣が正常だと耳が良く聞こえる。(鹿茸)

 以上の五臓の気が変調を起こすと、七つの孔の働きも悪くなる。病邪が六腑にあると時は、陽経脈の気が停滞して、陽気だけが盛んになり、腫物ができたりする。陽気が盛んになりすぎると、陰の気が弱くなってしまう。

 陰の気(冷やすエネルギー)が弱くなると血の流れが悪くなる。血が停滞すると陰気が盛んになり、陽気が弱くなってしまいます。注意:大きく分けて陰と陽のエネルギーと衛と営の氣があります。衛のエネルギーは外部から来る邪から守る役目で陽のエネルギーです。営のエネルギーは内部を邪から守るエネルギーで陰の気になります。ゆえに血液は陰のエネルギーを得る事で活動できます。一見したら血液は温かい陽の気と間違えますのでご注意下さい。血液に熱がありすぎると肝臓などの病気を起こします。これを冷ますのが「牛黄」です。

 以上のように、身体の陰陽の気はお互いに影響しあい、陰虚陽盛・陽虚陰盛の状態で病状を現します。

続きは:癒しの森湯布院

PageTop