仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年03月04日

病気の原因(腎)

腎は精と志を蔵す。

 腎は精を蓄える。精がしっかりしていると、志の精神活動が発揮できる。
ゆえに、怒りすぎると志が傷(やぶ)られる。
志が傷(やぶ)られると健忘症になる。また、腰が痛んで屈伸できなくなる。

 腎氣が弱く(虚)なると冷えやすくなる。実(過剰な熱)すると腹が張る。
腎の精は先天的(生まれた時)にもありますが、後天的(生まれた後)に胃で作られて腎に貯蔵されます。
腎の精を労働やセックスで使いすぎると冷えやすくなります。腰痛や脚弱、陰茎に症状が現れます。

 精のエネルギーが弱くなりますと、志も弱くなるので、物忘れがひどくなります。また根気がなくなりますので、同じことを根気よく続けられなくなります。

 逆にイライラし過ぎると、志が弱くなって腎のエネルギーが奪われ腎の症状が現れます。腎実とは、腎の部位に熱が籠った事を云います。下焦(臍より下)に熱が貯まりすぎると、腹が張って便秘(老人性の便秘)したり、排尿力が弱くなり、小便が気持ちよく出なくなります

癒しの森湯布院ブログ

PageTop