仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年03月03日

これは怖い

外部から女性ホルモンが入ると、作る能力が落ちる。甘やかして小遣いたんまりで育てた子供が大人になったら働くホルモンが出ないのと同じで、活性化する能力も破壊される。女性ホルモンも活性化ホルモンも瞑想で自分の力で作る能力を高め、幸せホルモンを出すべきと思う。怖い記事をご紹介します。

ホルモン漬けアメリカ産牛肉」が乳がん、前立腺がんを引き起こすリスク「
『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』

日本に輸入され、私たちが何気なく口にしているかもしれない「猛毒食品」は中国産だけではありません。『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』の著者・奥野修司氏が「ホルモン漬けアメリカ産牛肉」の危険性を詳細なデータとともに解説します。
◆◆◆
日本人のホルモン依存性がんが増えている
 日本人の前立腺がんが異常な勢いで増えている。もちろんPSAによる検査数が増えたこともあるが、尋常ではない数だ。10年前は胃がん、肺がん、大腸がんよりもずっと少なかったのに、今や大腸がんを抜いて肺がんと肩を並べる勢いである。

 乳がんも子宮がんも卵巣がんも増え続けている。今年の6月に小林麻央さんが亡くなったが、乳がんは女性のがんでは罹患率トップだ。これらはいずれもホルモン依存性がんと呼ばれているものだ。なぜ日本人にホルモン依存性がんが増えているのか。藤田博正医師(北海道対がん協会細胞診センター所長)は、昔からアメリカに移住すると卵巣がんや子宮体がんが増えると言われていたことを思い出し、食事の変化に注目した。

続きは、癒しの森湯布院ブログ

PageTop