風水・聖水・魔法の壺|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。風水と聖水で病治し・解脱・悟りを目指し金運を高め願いを叶える

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

風水・聖水を創る魔法の壺

お振込先:コチラ・お求めはコチラ 癒しの森湯布院(関連施設)

魔法の壺(風水で悟りと病気治し)

風水拡大表示

風水とは、字の如く「風」と「水」の二文字で構成されている風水学という学問であります。電子顕微鏡のない時代は、悪い邪や良い氣は風によって運ばれると考えれていた。邪の代表的なものに風邪がある。この邪が体の中に侵入すれば、体を防衛する気と衝突し、熱が出ると共に汗をかく。つまり汗とは水であり、水に流し中和し無にするのであるが、その水に対する説明がなされていないか?氣の流れのみが重要視されているように思う。

地震拡大表示

水は龍脈という脈にそって地底を流れる。インドの聖者の多くは龍をお寺の下に住み着かせているという。日本でも法寺では祠に龍を住まわせており、毎日欠かさず食事を祠に運ぶのであります。たまに日本酒も捧げ龍が暴れる事無くお寺を守って頂く為であります。この龍が機嫌を損ね暴れた時が地震であるとも言われているのであります。

風水拡大表示

また龍がさぼれば滾々と湧き出る水は出なくなり穢れを消す聖地は出来ない事になります。水とお寺は切っても切れない中であり、水が出ないお寺を見つける事は皆無ではないでしょうか?お寺には多くの悪いエネルギーを持った人も集まりますので、強い浄化力が求められます。人の悪いエネルギーも外を漂う悪いエネルギーは、雨や湧き水で殺す事も出来るし、台風や洪水によっても大地を浄化する事は出来るのです。これが自然界の成り立ちですから、人間の体内に溜まった邪気も水で浄化する以外にはないと言う事になります。

水

古人は、悪い想念は「水に流し殺してしまえ」と言った。喧嘩した者を仲直りさせるとき「お互い水に流せ」やといった。一度口から出した言葉は永遠に消えないが、水に流せば消えると古人は知っていたのであります。反対に言えば水しか消す事は出来ない事になる。

未来拡大表示

私たち人間は、一生を生きる間に知らず知らずの間にも罪を犯します。時には相手をののしる言葉を吐くときもあるのですが、一度出した言葉は消す事はできない。出来ないままあの世に行けば、来世も引き継がねばならない。ゆえに「死に水を取る」儀式なるものが引き継がれているのであります。水で清めこの世の清算をさせて来世に旅絶たせるために「死に水を取る」儀式であるのです。

川

キリスト教や神道では、水で口や体を清め神になるための伝授を授かる。また一般信者は聖杯なる器に入った水をかけて邪を殺して頂く。インドのヒンドゥー教もしかりで、聖者が水をかけて邪を消す儀式があるし、修行僧は聖者と一緒に川に浸かり邪を取り去る「水中伝法」と呼ばれる儀式が今でも行われているのです。この儀式を授かり、神の意識を魂に宿らせるためには純粋でなければならないから、穢れを取り去る事が出来る川の中で行われるのです。

ラマ

またラマ教ではミイラになる事が仏になった証であり、来世は境地のより高い高僧として生まれ変われると言われているんのです。私もダージリンのラマ教のお寺で高層のミイラを拝見しました。ミイラになるためには、体の中の一切の邪を外に出さなければならない。身体の中に多少でも邪を残すと体は腐れる。ゆえに死期が近づいたら一切の食べ物を絶ち水だけにし、体内の全ての汚れを除去するのであります。

ケイ素拡大表示

赤ちゃんがこの世で最初にする事は「カニババ」と呼ばれる黒い胎便を出し、腸内を空っぽにすることから始まる。つまりこの世に生を受けた時も、あの世に旅絶つ時も腸の大掃除が必要だという事になる。これを行うのが初乳であり、死す時は微生物が一杯の水で腸内を満杯に浄化する事が出来るのは、微生物とケイ素を含むミネラルですから、微生物は神であり、神は微生物と言われるゆえんでもあるのです。神の所に行くためには、微生物が必要であるのですから、生命を維持するのも微生物であり、健康回復するのも微生物とケイ素を含むミネラルバランスと言えるでしょう。

微生物拡大表示

神のエネルギーはとても微細であり、人間より動物の方が粗い気である。神の微生物とは、人間の微生物とも動物の微生物とも大きさが違う。つまり氣の大きさが違うし、それから発する信号も違うと言われている。アフリカに住む動物の多くは地底で動く信号を受け取り危険を察すると言う。この信号はケイ素によって電波されている。自然界で淘汰されない為にはケイ素の補給が大事な事は自然界に住むものは当たり前であるが、ケイ素を疎かにした人間にはその能力は退化し、その内自然界から退場しなければならないかも知れない。が、ケイ素だけ補給しても意味はないのであります。人間も動物も植物も自然の中に生かされているわけですから、自然(神)が与えたバランスの中で生きる事が重要なのです。参考:純度100%の怖さ

顔拡大表示

詳細情報

かお拡大表示

詳細情報

顔拡大表示

詳細情報

悪霊拡大表示

エンジェルスティックで擦ると黒色が浮き上がります。この黒色や紫色が邪でこれが皮膚から出る人ほど病気ほ表面に滞在しており、比較的軽症と思われますが、部位によっては奥に潜んでいる場合もありますので要注意です。

未来拡大表示

ある人からの情報:以前、NHK ためしてガッテン(はり治療)で、中国の名人が出したという経脈に沿って浮き出た黒い線の映像を見ましたが、エンジェルステックで出てくる黒い線は同じものかもしれないと、ガッテンさせていただきました。

風水と聖水と除霊と悟り

風水拡大表示

1、風水(玄関や部屋の入り口)
◎龍は水脈と磁力線(氣エネルギー)の源! 
■龍の像の下に法物を埋め込んでいます。手前の漢方薬石を水洗いし瓶の中に入れMRE輝源を50ml入れ下駄箱の上などに置くことによって魔の侵入を防ぎます。また中の微生物と漢方薬石から出るミネラル分によってエネルギーが発生し龍脈を作るのです。永遠に腐る事はないのですが、1週間に1回入れ替え、直接飲めば体内の浄化になります。また300倍に薄めてお墓の周囲に撒けば先祖供養になりますし、切り花や植木に撒けば生き生きと生命力が蘇ります。
28,000円(税・送料込み)
■風水(聖水)ポットの蓋についている水晶は、シュリヤントラと言ってラクシュミ神(美と富と豊穣と幸運をもたらす女神様)のエネルギーも授かることが出来る最高の水晶です。(カレスワール、スワミ秘伝)

風水拡大表示

2、風水(聖水)ポット(小:普及品500ml)
★部屋を聖地に!
■寝室のベッドの下か枕元か箪笥の上などにおいて下さい。ツボの中にMRE輝源(500ml)か水道水やミネラルウオーターを入れる事により強いメビウスの渦のエネルギーが発生します。蓋の上には水晶を安置し、蓋の金具の中に法物を入れる事により宇宙エネルギーを取り込みます。8時間過ぎたら飲むことにより体内の邪を追い出す事が出来ますが、飲む量や病気によっては半年から1年くらいかかる場合があります。MRE輝源は別にお買い求め下さい。38,000円(税・送料込み)

補足:証明が出ていないので絶対とは言えませんが、水溶性ケイ素とMRE輝源の合体で放射線のセシウムを消す可能性があります。体内に蓄積されている重金属なども分解除去する力があると言う事です。

■聖水を創る方は、ミネラルウオーターを入れて下さい。できた聖水を6、の容器にMRE輝源と一緒に入れ混ぜて飲みます。悟りを目指す方は、黒アムリタを入れると浄化が早いです。

壺拡大表示

3、風水(聖水)ポット(中:700ml)
★家族(4〜5人)が集まる部屋用
■風水(聖水)ポットの中に無害が証明されている漢方薬石(チベット石)を入れミネラルバランス(羊水)の良い聖水を創ります。2、のポットに比べ少ない量で効果が出る法物を蓋の下に入れていますので、部屋も体の中も聖地にできます。半分飲んだら水道水かミネラルウオーターを一杯になるまで補給してください。朝晩2回飲んでも風水の効果は落ちません。これは2・3・4・5のポットも同じです。
58,000円(税・送料込み)

ポット拡大表示

4、風水(聖水)ポット大(1.000ml)
◎治療所・エステサロン・大きな部屋の浄化
■治療所など多くの人が出入りする大きな部屋を浄化するポットです。特に治療所はネガティブなエネルギーが充満しますので、浄化力の強い法物を蓋の下に入れています。2、のポットを3〜5個か3のポットを2個置いても良いのですが、大をベッドの下に置くと効果的です。■大きな部屋や治療所用の強力な浄化を行うことが出来ます。蓋の下に除霊が出来る法物を入れています。98,000円(税・送料込み)施術前に聖水で水出しかお湯出し(80°以下の沸騰してない))した健康茶をお飲み頂くと施術効果が増します。霊障タイプの方にはMRE輝源を25ml加えますと浄化しやすくなります。

壺拡大表示

5、風水(聖水)ポット特大(1.800ml)
◎治療所(除霊ヒーリング)の除霊!
■スティックで除霊ヒーリングをする治療所用に継承されたブッダの〇舎利と秘伝を入れています。これらは系譜で引き継がれた「法」で行いますので、より浄化力があります。これをベッドの下に置くだけで治療所は聖地になり、あらゆる悪霊を殺(け)し去ります。が、水に祈りを封じ込めるのは貴方の心がけと信仰心で決まる事は言うまでもありません。時々手に持ち聖水マントラを唱えて下さい。180,000円(1,8L容器)(税・送料込み)聖水マントラ:は聖音「オーム」でオン・オン・オン・オン・オンと連続で唱えます。キリスト教徒はアーメンでこれは、2・3・4の風水(聖水)ポットも同じです。施術前に聖水で水出しかお湯出し(80°以下の沸騰してない))した健康茶をお飲み頂くと施術効果が増します。霊障タイプの方にはMRE輝源を25ml加えますと浄化しやすくなります。
注意点:風水(聖水)ポットにMRE輝源を入れると無害な浮遊物が浮きます。これは微生物が生きている証拠なのですが、気になる方はポットにMRE輝源は入れないで水を入れて下さい。このポットでできた聖水はケイ素を含む聖水で塩分がない羊水のミネラルバランスとほぼ同じです。この聖水とMRE輝源を一緒に飲むと重金属などの有害物質を分解除去し大腸も脳内も細胞もよみがえります。ポットで創った聖水とMRE輝源を6、の除霊カーリー瞑想ポットに入れ瞑想後に飲むとより効果が期待できます。1〜2日分創っても問題はありません。参考:一日分はMRE輝源50mlと聖水100mlを混ぜ2〜3回に分け空腹時に飲むと理想的です。写真のリポビタンDは大きさを比較するためのものですから含まれていません。

壺拡大表示

6、除霊カーリー瞑想ポット(180ml)
★身と心を浄化して悟りを目指す!
■上のポットで出来た聖水orMRE輝源をカーリー神のツボに入れて下さい。その除霊聖水を一日に50〜100cc飲むことにより悪霊が棲めない身体になるのです。また続けることにより難病を治し、解脱へと導くための聖水(MRE輝源)を創るポットです。多少効果は落ちますが、MRE輝源を直接入れマントラ瞑想をした後お飲み下さい。38,000円(税・送料込み)共鳴マントラ・アムリタ5cc参考:アムリタと牛黄と悟り!

■カーリー神像の底部の穴に法物を入れカーリーのエネルギーが集まるように設定しています。(ヒンドゥー教奥義)

■沢山飲みたい方は、2のポットにミネラルウオーターか水道水を入れて聖水を創り、その水50〜100mlと輝源25mlを混ぜお飲み下さい。黒アムリタも入れて混ぜると解脱修行により一層効果が増します。
詳細情報

3点セットのサービス品

1、の風水玄関用龍のポット

壺拡大表示

2・3・4・5のポットのいずれか

壺拡大表示

6、の除霊カーリー瞑想ポット

壺拡大表示

■上記の3点セットをお求めの方にアムリタ5cc点眼容器入り1
本プラス4本(合計5本)とMRE輝源50ml1本プラス9本(合計10本)をサービス致します。下記の写真の様に邪気が体内に溜まっている方に有効です。風水(聖水)ポットは2・3・4・5どれでもOKです。アムリタとMRE輝源と聖水の組み合わせをお確かめください。※下記の写真の女性は2〜3年前に脳内のつまりを除去する手術をしたのですが、その後も頭痛は収まらず除霊スティックで頭を一回こすっただけで完全に頭痛から解放された方です。毎日残りの邪気を出すためにあらゆる所をこすっているとの事で写真を送って頂けます。

邪気拡大表示

邪気拡大表示

邪気拡大表示

聖水拡大表示

カーリー神ポットの使い方:このポットは除霊に必要な聖水を創るための壺です。2の風水ポットでできた聖水やMRE輝源を入れてカーリーマントラを唱えて除霊効果をアップさせます。さらに効果を増すためには黒アムリタワタナベオイスター皇寿を混ぜて創ります。この壺には漢方薬石は黒アムリタや皇寿などを入れる為目つまりを起こすので入れません。悟りを目指す方は、黒アムリタを入れます。病気治しには黒アムリタか皇寿を入れると効果が増します。

壺拡大表示

除霊カーリー瞑想
右手のひらに乗せ、左手のひらで軽く支え、カーリ神マントラを唱えながら瞑想します。漢方薬やサプリをお飲みの方は、漢方薬やサプリを入れた、木の薬壺の上に壺を重ねた方が相乗効果があります。秘伝カーリーマントラを唱えながら行います。

壺拡大表示

クンダリーニを活性化する瞑想法
秘伝:除霊カーリー神瞑想を行う時は仙骨の後ろに風水(聖水)ポットを置いて下さい。これによりクンダリーニーの力を強めエネルギーが通る通路を掃除します。瞑想によりできた聖水は微生物とケイ素が充満した水になり、飲むことにより、あらゆる邪のエネルギーを殺してしまいます。この瞑想を行う時も、両鼻の入り口に■解脱脳活性リキッド液を塗り■第三の目に除霊ミラクルオイルを塗って下さい。できればビブーティと煉り合せたものを塗ると更に効果が出ます。
詳細情報

輝源拡大表示

MRE輝源と瞑想法
MRE輝源のセットに■除霊ミラクルオイル5mlと■解脱脳活精リキッド液5mlがついていますので、両鼻の入り口に解脱脳活性リキッド液(茶色)を塗り、第三の目に除霊ミラクルオイル(白色)を塗って瞑想して下さい。茶色の液は鼻の奥にある宇宙エネルギーを取り込み小さな期間を活発にして脳のゴミや氣の流れる経路の掃除をします。白色のオイルは松果線を活性化します。これも秘伝の瞑想法です。
詳細情報
何故?魔法の壺なのか?

壺拡大表示

先ほど神のエネルギーはとても微細であると書きました。神のエネルギーと腸内の微生物がコネクトするには、微生物から出るエネルギーをより微細にしなければなりません。良質なエネルギーになればなるほど微細であり、人間も邪気が抜ければ抜ける程、エネルギーは微細になります。反対に弱肉強食の世界に生きる動物は粗いエネルギーという事になりますす。

神拡大表示

良質なエネルギーになればなるほど微細であり、人間も邪気が抜ければ抜ける程、エネルギーは微細になります。反対に弱肉強食の世界に生きる動物は粗いエネルギーという事になりますす。先ほど神のエネルギーはとても微細であると書きました。神のエネルギーと腸内の微生物がコネクトするには、微生物から出るエネルギーをより微細にしなければなりません。これら氣エネルギーを微細にするには、入れ物に神の意志を注入(入魂)し、中に入れられた水のクラスターを小さくしなければならないのです。

神拡大表示

こその分子(クラスター)を小さくするためには、ケイ素を含むミネラルと微生物により大量の宇宙エネルギーを取り込まねばならないのです。大量の微細なエネルギーが入る事により、大きな分子も小さく同調されて行きます。それが神のエネルギーですから、脳内に住む神の蔵である松果体に届くわけなのです。それが出来る壺から「魔法の壺」と呼ばせて頂いているのです。その小さなクラスターの水は体に溜まったスラッジを分解除去するのです。

輝源

MRE輝源はどんな聖水より天然の水よりもはるかに小さな分子だから期待が持てるし、小動物(犬・猫)ではMRE輝源を飲ませるだけで成仏出来ているのです。これは難しくなりますが、死後硬直は無く、4〜5日は体温も下がらないのです。つまりは、死を微笑みながら受け入れあの世に旅立つのです。これからも分かるように人間には神に近い微細なエネルギーを与えれば病気も解脱も可能だと言う事になります。参考:チベット死者の書(成仏の証は4〜5日間体温が下がらない)

汚れ拡大表示

スラッジの正体は黒いブラックのエネルギーですから、当然体外に排出できるという事になります。病気治しも解脱もこのブラックエネルギーを排出しなければ不可能なのです。成仏とは、仏になること、すなわち輪廻転生から解放される事であり、過去世から引き継がれたカルマも清算されることであります。仏教は死後の解決(成仏)でありますが、私たちが目指す境地は生きている間に全てのカルマの清算と悪魔のエネルギーを排出し、生まれ立ちと同じエネルギーにする事であります。つまり無邪気になる事なのです。

壺

聖水ポットに使われる薬石はラマ教の高僧しか知らない石でミイラになるために使われています。水のバランスから放つ磁気が神のエネルギーと繋がる秘訣だと思われます。もちろんこれらは秘密の内に行われるもので、その為のマントラや法物は発表できません。これらが「法」と呼ばれるもので、決して表に出ることなく、グルパランパラ(師から弟子へそのまた弟子へ)の系譜において引き継がれています。

チベット拡大表示

「法」は師から弟子に内密に教えられものですが、この荒れた時代(天地異変や重金属や大気汚染などの公害)に多くの方々が苦しむ現状を見るに堪えかね、すべての秘宝は公開できませんが、ギリギリで表に出そうと思っています。今回の薬石もシルディー、サイババの恩寵でチベットより特別な計らいで入手出来ました。水晶も中に入れる法物も全てシルディーサイババの縁結びのお陰で入手できています。この石もすでに掘りつくされ保存された貴重な石なのです。意味をご理解頂き本当の聖水を創って下さい。

シバ拡大表示

水晶に大量の宇宙エネルギーが集まります。そのエネルギーは蓋の下に安置された法物と神の微細な波動を発生させ壺の中の水に溶け込み渦を起こし邪を消すエネルギーが発生します。そのエネルギは壺の外に押し出され放物線状に放たれ聖地を創るのです。少しでも間違ったら歪んだエネルギーになり効果が出ませんので、壺を変えたり石を変えたり絶対しないで下さい。当然決められた以外の行に使う人はいないと思いますが、自分流で解釈して行わないようにお願いします。
壺の比較写真

壺拡大表示

壺拡大表示

壺拡大表示

■水晶は全てカレスワール、スワミによってインドワースツの入魂がなされています。10数年倉庫に保管されていましたが、やっと誓約がとけ日の目を見る事ができます。詳しい意味は聞いていませんがシュリヤントラ(ラクシュミ神)水晶が使われます。
聖水を沢山飲んで早く浄化したい方

運気

一日に大量の聖水を飲みたい方は、2のポットの中にミネラルウォーターを500ml入れて8時間放置して下さい。8時間経ちましたら壺を手に持ち「オン・オン・オン」とおおむね108回唱えてお飲み下さい。当然MRE輝源を飲むときは、聖水180mlに20〜60mlくらい入れて一日に2〜3回飲むと最高の除霊聖水を頂くことが出来ます。注意:聖水は沸かさず生でお飲みください。聖水には(溶存酸素)酸素がたくさん入っていますので、沸かすと酸素がなくなり聖水の効果が薄まります。

宿便

世の中には、核酸やクロレラや乳酸菌やスピルリナや野草酵素などあらゆるサプリがでていますが、考えなくてならないのは、人体の70%は水で構成されていると言う事です。それに目に見えない微生物が何兆個という単位で日夜活動を行う事により生かされている現実から考えたなら、水と微生物が生命維持装置である事はご理解頂けると思います。人間と生まれて一番に行う事が「カニババ」の排出であり、死ぬときも黒い便を出し、微生物一杯の水を飲むことで腐らない事実を考えた場合、健康回復の一番は水と微生物であると断言できると思います。

微生物拡大表示

いろいろと迷う気持ちはわかりますが、納得できるまで何度も読み返して下さい。また、他の方法を試して芳しくない時は、このページを思い出して下さい。ここに書いてあることは秘伝であり全て真実なのです。もしこの秘伝を宗教家に渡したなら10倍100倍する価額のポットになると思います。し、偽物も出回る事も心配しましたが、これしか方法がないので、多少の犠牲は覚悟の上に世に出した真意をご理解頂ければ幸いです。写真は地球誕生から現代まで生き続けている土壌菌(糸状菌)です。

洗礼拡大表示

邪気を無くし無邪気に戻すには、十月十日過ごした母親の胎内に戻る事が必要であり、その環境で無になる瞑想を行う事であるという事が早道になります。環境も体内の水分バランスも栄養成分も同じにする事であるのです。それでは、赤ちゃんが育つ環境はどのような状態かと言えば、羊水の成分(弱アルカリ性)はミネラル分であり、それもケイ素の多いミネラルになるのです。この成分は、海の成分とほぼ同じであり、その海水から鹹(しおからい)成分を抜いた成分になりますから「母なる海」と呼ばれているのです。

聖水拡大表示

それに対比する言葉に「父なる大地」という言葉があります。これは陰と陽の関係であり、ミネラルと微生物の関係でもあるのです。この二つのエネルギーが交わる事によりシャクティーと呼ばれる神のエネルギーが発生するのです。それがMRE輝源の微生物と石の中に存在するミネラルなのです。石は大昔より圧力やマグマのエネルギーで出来た漢方薬石であり、何もしなくても宇宙エネルギーとコネクトできるのです。

ジーザス拡大表示

これらの石にはケイ素を多く含み微生物が住み着き易いので、ブッダもジーザスも歴史に名が残る聖者達はマントラを唱えながら洞窟で修行したのです。

玄米堂通信

微生物の反乱が始まった

私が共鳴したサイトから借用させて頂きます。玄米堂通信
現代人は、大きな大きな間違いをしてきました。土壌中の虫や病原となる微生物に対して、忌み嫌い、攻撃し続けてきました。これまで、どれほどの殺虫剤や農薬を地球に撒いてきたのでしょうか?その結果、薬剤(農薬)の攻撃に負けない、強い細菌やウイルスが生まれました。坑生物質が効かない結核菌やMRSA、突然変異の大腸菌0−157などなど今年「風邪」をひいた人は、例年と違うしつこい症状を体験しているはずです。

たとえば、腸内細菌は人間の消化吸収の生理に、無くてはならない存在です。大腸菌は、赤血球や白血球と同じように人間の体を構成する微生物なのです。考えてみると、人体は微生物(細胞)のかたまりなんですね。
とすると、虫や微生物を皆殺ししてきた方法は、果たして正しいのでしょうか?大腸菌を敵にしたら、人間はまず勝ち目はないし、生きていけません。それこそ、赤血球が狂いだしたら健康を損なう事と同じですから、実際、白血球が反乱を起こす病気を総称して自己免疫疾患と呼んでいます。慢性関節リウマチ、大動脈炎症候群、エリテマトーデスなどの膠原病です。人体の健康は微生物たちの調和だとすれば、地球という体も同様だと思うのです。

薬剤によって汚染された地球の水は、結局人間自身の細胞水を酸化しました。人間は、微生物虫)たちを殺しながら、我が首を絞めていたのですね。人体の酸性血は免疫力を下げ、病気になり易く、また治癒しにくくします。甘いお菓子や肉食で育った母親の羊水は酸性で、胎児に影響を与えています。アレルギーやアトピーは、子供の体の問題ではないと思います。また、母親だけの問題でもありません。これはまさに、地球の問題です。

植物は植物どうしで、ある種の連絡を取り合います。下北半島の紫陽花は、東京の紫陽花と植物波動で交信するのです。微生物にも、そうした同属どうしで通信し合うエネルギーがあると思います。
個(エゴ)が発達した人間とは違い、集合(共同)で生きています。生き残るために、微生物たちは知恵を出し合い、とうとう反逆に出ました。狂牛病、エボラ出血熱、病原性大腸菌0−157は、予告ではないでしょうか?微生物を殺傷するより、己の免疫力を高めましょう。微生物とて、住みにくい(免疫がある〉人体にわざわざ入りたくないはずです。生物は、共存と調和がモットーですから、殺し合いは必要なかったのです。
そのために、血液をアルカリ性にしましょう。陰と陽、酸とアルカリ、その調和のレベルを高めましょう。否定的な心を、今一度見直してみましょう。

PageTop