薬壺と入魂と微生物|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。直観力(インスピレーション)が働くようになります。
つまり病気とは、自己(真我)を発見する為の工程かも知れませんね。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

薬壺(やっこ)と入魂と微生物

継承された薬壺

大ツボ拡大表示

大正時代の大ツボ
 この大きなツボの中に小さな薬壺が入っており、その小さな薬壺の中には干からびたアムリタがこびついていました。このこびりついた物質は微生物により生かされており、腐ってなく、ほろ良い香がするものでした。その時ピンときたのですが、熟成すれば熟成するほど香りは心地よいものになるのでは?反対に腐れば異臭を放つことから見ても、分かりますが完全熟成品で間違いないと思ったところから、私の実験が始まったのです。MRE輝源も微生物でアムリタも微生物、この因縁はなんだろうか?何時ものの好奇心が常識の蓋を外し実験にかかりました。小さな薬壺の中にこびりついた物質をアムリタのツボに入れ熟成したらどうなるかでした。
詳細情報
 結論から言えば実験は成功で熟成速度が速くなったのとぷくぷくと空気の循環が始まったのです。これで東北のある教授が研究したが、結果を得る事が出来なかった理由が解明されたのです。大ツボの中に物質を入れるだけではなく、生き神様は小ツボの中の微生物を使いアムリタを発酵させていたのです。当時の農民は貧しく病院に行けない方は、生き神様(聖者)を尋ね薬草やアムリタを授かり病気を治していたのです。
 その力の源が祈りと微生物であったことを証明できた喜びで一杯であります。このような素晴らしい微生物を困った方々にどのようにお届けするかいつも考えていたところ気が付いたのが薬壺とアムリタだったのですが、さらにそれが進化し今回の実験になったのですが、間違いはありませんでした。

瓶拡大表示

MRE輝源とアムリタ
アムリタをコーヒー用のスプーン山盛り一杯を瓶の中に入れMRE輝源を50〜80ml注ぎ、マントラ「オン アミリティー ウン ハッタ」を唱えながら、時計回りの方向に右手で9回混ぜ、蓋をしっかりし薬師如来瞑想を行い服用します。これを行う事により、
■自然を感じる事が出来ます。
■目に見えない微生物によって生かされている事が実感できます。
■感謝の気持ちが湧き上がって来ます。
■思い上がりやプライドが控えめになります。
■生きる勇気が込み上げてきます。
■気を感じる事が出来るようになります。
■誰にもやさしく出来るようになります。
■手から氣が出るようになり簡単な気功が出来るようになります。
■直観力(インスピレーション)が働くようになります。
つまり病気とは、自己(真我)を発見する為の工程かも知れませんね。
詳細情報
 このような心境に導く為にMRE輝源とアムリタと薬壺はあるのでしょうか?そして、その気づきにおいて病気は良くなるのでしょうか。何か究極の病治しを教えて頂いているような神妙な気持ちになります。これが、この薬壺で瞑想した時の実感です。この容器は市販の容器ですが、入魂されてない容器では実感できません。何事も組みあわや相性があるようにMRE輝源と容器とアムリタの相性があり、またツボとの相性もあるように感じたので、ガラスの容器を三日三晩大ツボの中に入れ、取り出して入魂しました。これを行う事によって物に魂が入り宇宙エネルギーが注がれるのです。そして物は意識を持つことになるのです。

アムリタ拡大表示

帯電振動とエネルギー
 その意識は振動を発生させます。磁気を帯びた振動を起こします。その振動は宇宙エネルギーが発する振動と一体になり、自分の手に交わります。その手から出るエネルギーを「氣」エネルギーと言います。もうお分りと思いますが、目に見えないエネルギーを受け取る受信機がアムリタやガラスの薬壺や私が提供するグッズであり、その様に息吹きを吹き込むのが入魂の儀式なのです。それを媒介するのは微生物なのです。
 ですから、体内に微生物が少ないと振動は起こりません。瞑想すれば微生物は活性化されます。弱い微生物でも強くなろうと頑張ります。薬壺を持って瞑想を始めると腸に振動が送られ、腸は動き出します。これは多くの人が経験することですから、間違いの無い事実であります。
ガラスの薬壺とアムリタとMRE輝源
 入魂を行うには、自分が瞑想で魂に蓄えたエネルギーの一部を入魂する物に息吹きとして吹き込みます。これを行うには、物にもよりますが末期がんの余命宣告された人にヒーリングを行う10倍のエネルギーを要します。満月行やグル行にも相当なエネルギーが必要で大体満月行が終わって2〜3日はナーガースティックを握り瞑想を行うのが現実です。全ての物には穢れがあります。穢れを浄化して息吹き(神の純粋な振動を発するエネルギー)を入れますのでご理解頂けると思います。
1瓶薬壺瞑想セット

輝源拡大表示

詳細情報

2、従来セット

輝源拡大表示

詳細情報

3、ガラス薬壺+アムリタ

瓶拡大表示

詳細情報

■1、MRE輝源新セット:720ml×4本と50ml12本セットにガラス薬壺とアムリタ5mlとさらに除霊ミラクルオイル5mlと解脱脳活精リキッド液5mlのセット価額で39.800円(税・送料込み)■2、MRE輝源セット:720ml×2本と50ml6本セットの除霊ミラクルオイル5ml+解脱脳活精リキッド液5mlで18,280円(税・送料込み)■3、ガラス薬壺+アムリタ5mlで12,800円(税・送料込み)■1と2の服用方法:コーヒーを混ぜるスプーン山盛り一杯をガラスの薬壺に入れ50〜80mlのMRE輝源を注ぎ、スプーンで右回りに9回混ぜます。その後薬師如来瞑想を行い2〜3回に分けて感謝の気持ちを込めて両手でお飲みください。マントラを唱えるのに抵抗がある方は、マントラを聞きながら作法通り行って下さい。■ガラスの薬壺に病院の薬や感応丸 氣やオイスターを入れても良いです。その時はMRE輝源を注いではいけません。 もう駄目だと思った時、試す3点セット!はコチラ

アムリタ拡大表示

MRE輝源とアムリタ
アムリタ(アミリティー)は古来より聖者達が瞑想に使っていた継承された物質で、呼吸から取り入れた宇宙エネルギーを全身に循環させる秘密の物質が含まれています。これらの内容成分は、裏で縁ある人だけしか使用できない貴重なものですから、決して表に出ることはなかったのです。修行法も秘密で守られてきたのですが、今回許しを得て表に出すことにしました。24,800円(税・送料込み)姉妹品に仏像入りの木製の薬壺がありますが、液体には適していません。ので救心感応丸 氣など高エネルギーを放つ物質を入れてご使用下さい。
詳細情報
 アムリタの成分や微生物は、古来より引き継がれたもので秘密の方法で製造されています。当然製造するときのマントラや作法は最上級の掟において継承されていますので、秘密であります。行法は密教秘伝ですので、間違いのないようにお願いします。この行法は、病治しを目的にしていますので、ヒーラーや気功師を目指す方は、指導者の教えに従って下さい。
薬壺(やっこ)を使った微生物の強化法!
 アムリタと相性の良いMRE輝源をガラスの薬壺の中に約50〜80ml入れて下さい。セブンイレブンのセルフのコーヒーを作るコーナーにコーヒーを混ぜる黒い長いスプーンがありますので、コーヒーを買って持って帰ってください。このスプーンに山盛り一杯のアムリタを入れ右回りに9回マントラを唱えながら混ぜます。氣を出すための行法では「オン アミリティー ウン ハッタ」を唱えます。病気治しが目的の方は「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」を唱えながら時計方向に回します。そのあと、正座か結跏趺坐などで座り、必ず仙骨を立てます。丹田の前で右手を下にし、左手を上にして薬壺を乗せマントラを108回唱えてエネルギーを入れます。それで出来上がりですから、2〜3回に分けて食前に両手で持ってお飲みください。飲み方は茶道と同じ作法です。飲むと腸にしみわたり腸内細菌が活性化することが感じられると思います。できた微生物は超低分子ですから、微生物と脳が連絡を始めるのです。ガラスの目に見えない層に秘伝の入魂をしていますので、大ツボのエネルギーと常時意識体で繋がっています。

2段重ね拡大表示

 仙人除霊瞑想
下のガラス瓶の薬壺にMRE輝源とアムリタやオイスター皇寿を入れます。上の木製の薬壺の中には「オイスターの錠剤や分包)や「救心感応丸 氣」などの高エネルギー体を入れ薬師如来瞑想を行う事で気が充満するのが実感できると思います。手に意識を集中する事によって、手のひらは赤くなり、ジンジンしたりピリピリした感触を感じるようになれば簡単な気功が出来るようになります。薬壺にも「ご入魂」しています。徐霊ヒーリングや自分の除霊を行う為には、鼻の入口に解脱脳活性リキッド液を塗り、第三の目にビブーティ除霊ミラクルオイルを塗って行う必要があります。
詳細情報

PageTop