生薬とは・・・|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索

生薬とは・・・

自然界にある植物や動物、鉱物のなかで、なんらかの薬効を持っているとして、長い間利用されてきたものを生薬(しょうやく)と呼んでいます。生薬は変質しないように乾燥したり、使いやすいように大きさをそろえたり、形を整えるなど簡単な加工をしたのち、薬として用いられます。

血の巡りを良くする生薬

鹿茸

鹿茸(ロクジョウ)
血の巡りを良くする

牛黄

牛黄(ゴオウ)
血の巡りを良くする

蟾酥

蟾酥(センソ)
血の巡りを良くする

その他生薬

羚羊角(レイヨウカク)他生薬
血の巡りを良くする

今の世の中羚羊角(レイヨウカク)

最近の高齢者は腎陽虚よりも腎陰虚の方が多く、若者も高齢者も腎陰虚で、肝臓の熱が頭に上昇しているので羚羊角は他の肝鬱や清熱の生薬に比べて、頭にピンポイントで効くようです。身体は休んでいるようでも、どうでも良い事をチマチマ考え続けて疲れているような場合、「考えない方が良い」といっても、本人にはどうする事も出来ません。羚羊角はそのような無駄な歯車を止めてくれます。

鹿茸(ロクジョウ)は草食系に有効

鹿茸は、高齢者にと思われがちですが、むしろ若い人の腎虚(精力減退)に役立っています。現在の食事も活力のなないものになっているし、夜更かし、スマホ、ストレスなどの影響もあって、後天の精がお粗末で、命門の精が養われない。そういう不妊症、生理不順、冷え性には鹿茸が不可欠です。
医食同源という言葉がありますが、生薬は、食品とオーバーラップしているものが沢山あります。長芋は食品ですが、これを使いやすい大きさにそろえ乾燥したものは山薬(さんやく)という生薬になります。この他、シソの葉、ショウガ、ナツメの実などは紫蘇葉(しそよう)、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)といった生薬として頻繁に使われています。動物由来の烏賊骨(うぞっこつ:イカの骨)、鉱物の石膏など食品とはかけ離れたものもありますが、生薬は、単一成分の合成薬と違い、一般に効きめがおだやかで、安心して利用できるものが多く、少しの経験があれば自分で利用法をコントロールするなど自己治療(セルフメディケーション)には最適の薬といえます。

氣の巡りを良くする生薬

■虎の骨 ■猿頭霜 ■朝鮮人参 ■樹脂
■真珠粉 ■麝香

おだやかに作用を発揮する生薬

奇跡の難病改善法!

私達、生命体(人間・動物・植物他)は宇宙から降り注ぐ目に見えないエネルギーによって生かされています。もし、このエネルギーが何かのアクシデントにより遮断されたなら、間違いなく生命を維持する事は出来ません。

 この宇宙から降り注ぐエネルギーには、宇宙の巡行に合わせる為の振動も送られてきており、この振動数に狂いが生じると生命の維持は弱り、振動数の低下と共に死に近づいていきます。

 3歳児の振動数は1秒間に1兆回の振動で活性化されており、宇宙の意思ともつながっているのですが、段々とその意思は薄まり、人間界の都合の良い法則に流され少なくなっていきます。

 特に40才を過ぎる頃になりますと極端に少なくなりあらゆる病気の餌食になります。これは腸内細菌とも関連しており、振動数が低下するのに比例して悪玉菌有利の環境になるのです。理由はいろいろあるのですが、簡単に言えば、細胞や細胞の中の分子にゴミが溜まり起こるという事です。

 これらの原因によって病気になった場合一番に考える事は免疫力を高める事でしょう。この免疫力を高める為に良いと言われている漢方薬やサプリは山の様に市販されていますが、本当に効果があり治っているのでしょうか?治っており、満足している方には、このページに興味を示す必要はなく、今までの治療法を実践すれば良いでしょう。 
 しかし、私は40年以上医療に携わっており、医学が進んだという割には病気は減っていません。というより、増えている現状を鑑みた場合、どこかおかしいと思っているのです。

 うつ病やアトピーや統合失調症や癌などは増えており、全然治っていないではないかと不信感が募っている時に台湾北投石の原末に出会ったのです。

続きは
■「生命の玉とクリーム
■「癒しの森湯布院」ブログ

PageTop