解脱と皮膚病とMRE輝源|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

解脱と皮膚病(霊障)とMRE輝源

難病もそうでありますが、目に見えない何らかの影響を受けているために、治りにくい病気があります。皮膚病に乾癬という厄介な病気があり、多くの皮膚科はお手上げ状態であります。といって、私達漢方家やヒーラーの施術において簡単に治るかと言えば、そうは簡単にはいかないのが現状であろうと思います。
何故難しいかを考えるにおいて、やはり霊障と言われるものを認めざるを得ないのも事実でありましょう。皮膚病の乾癬は、自己免疫力が何らかの原因で普通の人の10倍にもなる難病であり、自分を自分がコントロールできない分けですから、原因は脳のコントロールセンターにあると考えねばならないので、皮膚だけ見ても到底治るものでは無い事は、推定できるのであります。
脳には、ウイルスなどの異物が入らない様にバリアーが張られているのであるが、近年のストレス社会や農薬や食品公害大気汚染などの複合汚染において、このバリアーの働きに曇りが出ているのは間違い事でありましょう。コンピューターを見ても分かるように、人間を豊かにしたが、常にウイルスとの戦いであります。悪いウイルスが入るから、それを駆除するウイルスを作り防衛する。
まるで人間の病気との戦いの器械版と言えるのではないでしょうか?であることから考えるにおいて、脳のコントろーえうセンターにウイルスが入り込み、プログラムに誤作動を起こしているのでありますから、脳内に駆除するウイルスを入り込ませ悪いウイルスを駆除しなければならないのだが、バリアーの為に駆除剤を入れる事が出来ないので難病がある事を理解しなければ、解脱も夢の夢であります。
血液脳関門バリアーという医学用語にもあるバリアーを通過出来るのは、低分子の物質であり、酒や麻薬、たばこ、アミノ酸、ブドウ糖などのごく一部の物であり、抗生物質なども入る事は出来ないゆえに難病を治す事が出来ないのであるが、神が人間に与えた極一部の薬物や樹液の芳香は入る事が出来、微生物によって創られたエネルギーも入る事が出来る。これらを使って古の聖者たちも瞑想した秘伝が引き継がれているのであります。

モニター募集中!

この秘伝を応用して病治しを考案しているのでありますが、完成した分けではなく研究中でありますので、モニターさんを増やす事を考えています。先ずは乾癬に2度使ったが驚異的な効果が出ているので今後追跡調査をしながら完成させたいと思っています。全ては仮説をたて実証していくのであります。この仮説とは、悟りも難病も脳内に蓄積された霊障が起因しているとの仮説でありますから、解脱を目指すにも難病を改善する方法も同じであると云えます。
でありますから、解脱を行うには健全な肉体と健全な精神が必要であり、また難病を治すにも同じことが寄灸されるのでありますが、それが出来ないから、皆悩んでいる事は周知の事実であります。なら、病気を治す事を忘れ、意識改革を行えるように考えれば良いと考え、思考回路を麻痺若しくは破壊しているのを正常に戻し、戻す事によって病気を治す逆転の発想を行っているのが除霊ヒーリングであり、除霊漢方薬を使う理由なのです。
人間困れば、知恵が湧くものであり、この湧く意味は無から有が現れる意味もさしており、乾癬の病治しに威信をかけて取り組んでいる私に知恵を授かった処方が、麝香嚢と薬草と絶滅した樹脂を使って治す方法であります。皮膚病は原液10mmをMRE輝源の50mmのボトルに入れよく混ぜて霧吹き(アトマイザー)で患部に吹き付けます。

お申し込みは

PageTop