大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2019年10月19日 [Default]

シルディーを去った後

前章で示唆したとおり、ここではまずババが一度シルディを去った後、どのようにして再び戻ってきたのかについて述べることにする。

アウランガバッド地区(ニザム州)のドゥープと呼ばれる村に、裕福なイスラム教徒の紳士、チャンド・パティルが住んでいた。彼がアウランガバッドに旅行をした際、彼の雌馬がいなくなってしまった。二ヶ月に亘り彼は入念に捜索をしたが、馬を見つけることはできなかった。失望した彼は背中に鞍を背負ってアウランガバッドから戻ってきた。4kos半ほど来た所で、彼はマンゴーの木の根元に座っているファーキルに出会った。

彼は頭に帽子を被り、カフニ(長いローブ)を着て、サトゥカ(短い棒)を脇に抱え、チルム(パイプ)に火をつけようとしていた。通りかかるチャンド・パティルを見たファーキルは彼を呼び、一服して休んでいかないかと声を掛けた。この気ちがい男、ファーキルは彼に鞍のことを尋ねた。チャンド・パティルは、これは彼の雌馬のもので、少し前にいなくなってしまったのだと話した。


ファーキルは近くのナラを探すように言った。彼が行ってみると、なんと驚いたことか!彼はそこに雌馬を見つけたのだ。彼はこのファーキルは普通の人間ではなく、アヴァリア(偉大な聖者)だと思った。彼は雌馬を連れてファーキルの元へ戻ってきた。チルムは吸う準備ができていたが、あと2つの物が足りなかった。


(1)パイプにつける火と(2)濡れたチャッピ(煙を通すのに使う布)であった。ファーキルは自分の棒を手にとって強く地面に押し付けると火が起こり、彼はパイプにその火をつけた。それから彼はサトゥカを地面に打ち付けると、そこから水が滲み出てきた。チャッピをこの水で湿らせ、絞ると、パイプを包んだ。このように全ては完璧にいって、ファーキルはチルムを吸い、チャンド・パティルにも分けてやった。一部始終を見ていたチャンド・パティルはびっくり仰天してしまった。


彼はファーキルに自宅へ来てもてなしを受けてくれるよう頼んだ。翌日、彼はパティルの家に行き、しばらくの間そこに滞在した。パティルはドゥープ村の役人だった。彼の妻の兄弟の息子が結婚することになっており、花嫁はシルディの出身であった。そこでパティルは結婚式のためにシルディへ出かける準備を始めた。ファーキルもまたこの結婚式の一団に同行した。結婚式は滞りなく終了し、一団はドゥープへ戻ってきたが、ファーキルだけはシルディに住み着き、そこに永遠に留まったのである。

仙人の魔除け工房


PageTop