大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2019年07月11日 [Default]

トイレの神様


トイレを磨く

イエローハットの創業者である鍵山社長は素手でトイレを掃除をすることで有名であるのですが、社長ともあろう人が何故トイレを磨くのでしょうか?任侠道を目指す人も、出家して僧になる人も一番にさせられる修行はトイレ掃除であります。道とは悟りを得るための道であり、魂を磨くための道とも言われているからなのです。

トイレには神様がいると言う人もいる。心や魂は内に潜んでいるので直接磨くことは出来ない。インドでは魂を磨く修行は石炭をブラシで磨くようなものであり、磨いても磨いても中からは黒い物質しか出てこない。が、磨かなければならないと聖者は教える。※これが自力行

が、石炭は燃やせば白い物質に変化し、燃える時に有害物質(カルマ)は燃やされ宇宙に返ると言うのがファイヤープージャを行う意味であるのです。このファイヤープージャを行うには、火の神であるアグニー神を呼び出さなければならない。このアグニー神を呼び出すためにはマントラや香木や秘密の手法をもって行うのであるが、これらは秘伝として受け継がれており、その実態は普通の人には理解し難いものがある。

このカルマを焼き尽くす火の神であるアグニー神は日本では烏枢沙摩明王と呼ばれ、トイレの神様であり、カルマを浄化する神様と言われているのであります。その神様が棲むトイレが臭気にあふれ汚ければ神様も逃げ出すというものである。ゆえに微生物で完全分解されたトイレ(大小便)が必要なのであります。

癒しの森湯布院の満月行では、今月より秘伝中の秘伝であるカルマを焼く行に入る事になるのですが、やっと出来る体制が整ったという事です。もっと早く行ってほしかったと思うでしょうが、この行を行うには、魂を自分で磨く体制が整わなければ、行に必要な物が入手できないのであります。見様見真似で行っても自己満足の世界しか得られないのは、他の行も同じであります。

5つの効果
1、謙虚な人になれる
2、気づく人に成れる
3、感動の心を育む
4、感謝の心が芽生える
5、心を磨く
全て解脱に必要な事に気づいた人が授かれる行なのです。

参考
なぜトイレを素手で磨くか

烏枢沙摩明王






PageTop