大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2021年02月25日 [霊障]

NO172・・・風池のツボ

昨日より一泊二日の難病ヒーリングに名古屋から4人見え難病治療中です。それにしても精神的病気がどんどん増えていますね。医療は進んだと言うが病気の方が早いスピードで増えているように思います。

風池のコリはドロドロサイン

 よく「血液ドロドロ」といいますが、漢方的には「血熱+瘀血」と考えて良いと思います。この状態の気血はコリやすく、コリが溜まれば痛みとなります。「風池」は肝臓と表裏関係にある足の少陽胆経です。

 肝熱は肝経に収まりきれなくなると胆経に流れ出します。「風池」は胆経にある「風」の池ですから、肝熱の溜池です。

 肝熱の溜まり始めは、押して気持ちが良い程度ですが、満杯に近くなれば押して痛いと感じます。したがって「風池」のコリは、血液ドロドロのサインです。

 「尺沢=しゃくたく」は手の太陰肺経(たいいんはいけい)にあります。肺経の中でも肺虚が進化して肺熱となった時に反応がでやすいツボです。

 風邪やインフルエンザなどの発熱、肺炎は肺の熱です。肺熱は肺と表裏関係にある大腸経と、相克関係にある肝経に流れ出します。肺虚の影響が肝に及ぶことを、肺虚肝実と表現します。

 呼吸で酸素を取り入れて血液をサラサラにするのが肺の役目です。血栓症につながる血液ドロドロの改善に適度な運動が良いとされるのも、呼吸が鍵となるからです。

■補足・・・難しいことは勉強する必要は無く、コリと血液ドロドロは「風池」と「尺沢」のツボに「仙人のミラクルチップ(ラジウムバン)」を貼るだけで改善されます。簡単な事ですね。


PageTop